「ナミヤ雑貨店の奇蹟」あらすじ・感想

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。


出典:https://www.amazon.co.jp

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んだきっかけ

もともと、東野圭吾さんの小説が好きで、探していたところ、図書館で出会って知りました。ナミヤ雑貨店というところでどんな奇蹟が起こったのか気になり、手に取りました。

どんな小説?

ナミヤ雑貨店の奇蹟は、2017年の映画、「ナミヤ雑貨店に奇蹟」の原作小説です。悪事を働いた3人組が逃げ込んだ古い家は、なぜか過去と未来が、手紙でつながっていて、いろんな悩み事が届く不思議な家でした。3人が、それに次々とアドバイスしていきます。

あらすじ

悪事を働いて古い家に逃げ込んだ少年3人組。その家はなぜか過去とつながっていました。そこは昔、店主の「浪矢雄治」が悩み相談を受けていた雑貨店だったのです。

もうすでに廃業しているはずのその店。ある日の夜、シャッターの郵便口から突然悩み相談をする手紙が届きます。その日から何度もいろんな人から届きます。外を見て見ても誰もいません・・・。

どこから届いたのか。もしかしたら、時空を超えて、過去から届いたのか?それとも、いたずらか。戸惑いながらも、その届いた手紙に返事を書く少年3人組。少年3人は手紙が届くのが夜だけだと気づきます。

そんな中、3人が書いた手紙を読んで感謝の手紙を書いてくる人も出てきます。過去からの手紙だとなんとなくわかってきた3人組。自分たちが、手紙に書く内容でその人の人生が変わってくると思い、悩み相談の手紙にはいろいろと考えて返事を書くようになります。

過去とつながるのが、夜のうちだけだとわかります・・・。でも、なぜ、こんなことが起こっているのか・・・。3人組は、訳が分からないまま、手紙を書き続けます。

そのやりとりで、自分たちが逃げ込んだ雑貨店となにかしらの関係があると分かってきます。次第に明らかになってくる、ナミヤ雑貨店の秘密。そして、自分たちのよく知っている児童養護施設との関係。

3人の心が変わっていきます。手紙のやり取りで、3人が考えた、自分たちが、これからすべきこととは?過去は、浪矢雄治が、今は、少年3人が、悩める人々を救っている、ナミヤ雑貨店は、再び、奇跡を起こすことができるのか?

読んだ感想

ナミヤ雑貨店の不思議な出来事に引き込まれました。とても読みやすく、あっという間に読んでしまいました。

過去と未来がつながる、考えられないことだけど、正直、実際にあってほしいと思いました。そしたら、過去に戻って、やり直せるのにと・・・。同じ地域にあったら、ナミヤ雑貨店に相談しに行っていたと思います。

ナミヤ雑貨店の不思議な力・・・。たぶん、店主の浪矢雄治さんが、とてもいい人だったんだと思いました。だから、あんな不思議なことが起こったんだと思いました。ナミヤ雑貨店は、悪いことをして、逃げきる気でいた、少年3人の心も変えてくれました。

Amazonや楽天で購入して読むことができます。

その他、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が読める電子書籍ストアはこちらです。

コミックシーモア  BOOK☆WALKER  ebookjapan  BookLive!  honto  ブックパス

タイトルとURLをコピーしました