「ロスジェネの逆襲」はどんな小説?あらすじ・感想

「ロスジェネの逆襲」がどのような作品なのか、読者による小説のあらすじと感想です。


出典:https://www.amazon.co.jp

「ロスジェネの逆襲」はどんな小説?

池井戸潤さん原作の半沢直樹シリーズ。7年前の半沢直樹が非常に高視聴率で、最終回には、なんと40%超えと言う非常に高い数値をマークしていました。約七年の月日を経る形で、新シリーズとして登場したのが「ロスジェネの逆襲」です。

「ロスジェネの逆襲」のあらすじ・ストーリー

ロスジェネの逆襲のストーリーは、銀行の系列子会社であります東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばずというものでありました。そこにIT企業の雄、電脳雑技集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと言う相談を受けます。アドバイザーの座に就任すれば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンス。

ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横やりが入り、責任を問われて窮地に陥った半沢直樹ですが、部下の森山雅弘とともに周囲をアッといわせる秘策に出ます。周囲をアッと驚かせるような胸のすくエンタテイメント小説でありまして、窮地に追い込まれながらの巻き返しが非常に圧巻で見るものを魅了させてくれます。

第一部でのテレビシリーズでの半沢直樹の結末としては、上司の不正を暴き、親の仇を取る形で見事な不正を暴く形で、上司を自分自身にひれ伏した完璧な立ち回りをしてくれました。

しかし、半沢直樹に告げられた頭取からの内容としては、栄転ではなく、左遷の内容でした。ひも付きの出向とは言え、納得がいかない人事に更に追い打ちをかけるかのように、東京セントラル証券で半沢と同じように東京中央銀行から左遷された上司や同僚が、半沢を利用して、東京中央銀行に返り咲こうとしている内容を陥れられてから発覚する形となりました。

「ロスジェネの逆襲」の感想

復習に怒りを震え上がらせる半沢直樹の独自のセリフとなります「倍返しだ!!!」と聞くことで、明日からの月曜からの憂鬱な会社につきまして、乗り切れるパワーをもらえます。

テレビシリーズに出られている俳優の方々も、世の中のサラリーマンを応援したいメッセージで、「半沢直樹を見て元気になってください!!」「会社に負けないでください!!」と言った応援メッセージを出してくれてます。

この「ロスジェネの逆襲」も、周囲をアッ!と驚かせるような内容で、巻き返しをはかってくれます。こんなどんでん返しは、今まで誰しもが経験したことがないような状況になるので、ぜひ、ロスジェネの逆襲を読まれて明日からの会社勤務の糧にすることができるだろうと思います。

Amazonや楽天で購入して読むことができます。

その他、「ロスジェネの逆襲」が読める電子書籍ストアはこちらです。

コミックシーモア  BOOK☆WALKER  ebookjapan  BookLive!  honto  ブックパス

タイトルとURLをコピーしました