宮部みゆき

小説のあらすじ・感想

「火車」カードローンの借金返済の苦しみがテーマとなるミステリー。弁護士の解説で返済地獄を知ることもできる

「火車」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「火車」を読んだきっかけ 大沢在昌さんの小説をよく読んでいたのですが、同じオフィスに宮部みゆきさんがいることを知り、宮部さんの小説も読んでみよう...
おすすめ小説(作家別)

宮部みゆき おすすめ小説ランキング23選【読書好き60人の声を集めました】

宮部みゆきは2004年に「冷たい校舎の時は止まる」でメフィスト賞を受賞してデビュー。それ以来、多数の作品を制作し続けて文学賞受賞作品、また映像化・漫画化された作品が多数です。 とても作品数が多いためどれを読んだらよいか迷ってしまう方...
タイトルとURLをコピーしました