「ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた」あらすじ・感想

「ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。


出典:https://www.amazon.co.jp

読んだきっかけ

読んだきっかけとなったのは、作品タイトルを見て気になったからです。「ここは俺に任せて先に行け!」というフレーズは漫画等でよく目にします。

大体敵を足止めする為に脇役が残り、主人公キャラを逃がす為にこのセリフを吐くんですよね。残念ながらその脇役は大抵帰らぬ人になるんですけど。

でもこの作品は、10年後とはいえ無事帰ってくるようですし、どんな話だろう?と惹かれて読んでみました。

どんなライトノベル?

『ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた』は小説家なろうサイトに連載しているライトノベルで、それが書籍化した作品です。

著者は”えぞぎんぎつね”で、異世界ファンタジー系の作品です。敵地深くまで勇者パーティーは潜入したものの、帰り際に魔神の大群が襲ってきました。このままでは全滅必死だと悟った勇者パーティーの魔法使いラックは、足止めをすべく残ります。勇者エリックと戦士ゴランに「ここは俺に任せて先に行け」と伝えて。

しかしラックは死なず、10年後に生還を果たします。すると生き延びたエリックとゴランにより、ラックは伝説の英雄と崇められていました

あらすじ・ストーリー

「ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた」は、生き残ったラックが戻ってきた所から始まります。

戻ってきた世界だとラックは英雄と崇められており、銅像まで立っていました。ラックはエナジードレインの魔法で敵からエネルギーを吸い続けていた影響により、10年経過しても若いまま。

なので街の人には伝説のラックだと気づかれず、一冒険者としてやり直します。ラックだと伝えると大騒ぎになるので、ロックと名前を変えて。

エリックとゴランとも再会し、無事戻ってきた事を喜んでもらえました。ロックはFランク冒険者(冒険者としては一番下のグレード)として依頼を受け、街の人々の助けになるような依頼を受けたり、後進を育てるべく若手とパーティーを組みます。

そういった依頼を受けていると、ヴァンパイアと遭遇します。しかも一体だけでありませんし、王都近くという物騒な場所で。これは何かある?と感じ、エリックやゴランとも相談してヴァンパイアが何を企んでいるのか探り、新たなトラブルへと巻き込まれていきます。

読んだ感想

ラックがとんでもなく強くなっていて面白いです。魔法使いだったのに、魔神達と戦っているうちに近接もこなすようになります。また手にする武器は魔神王が所持していた魔神王の剣なので、その攻撃力は抜群。

本来なら強敵であるヴァンパイアもラックは簡単に倒していきます。また勇者パーティーの魔法使いとして活躍していただけあり、戦術や知識にも幅広く敵を寄せ付けません。魔神王すら倒した強さで敵を圧倒していく所がカッコよくて面白いです。

また自分を犠牲にしてエリックとゴランを逃がそうとしただけあり、ラックはとてもやさしいんです。ヴァンパイアから追われてる少女を助け、そして自宅に住まわせてあげたり。下水道で生活している少女の面倒もみてあげたりと。ラックは強いだけでなくこういった優しさも兼ね備えていて、時折ジーンと感動させられます。

こういった心温まる場面もこの作品の魅力ですね。現在もまだ完結はしておらず、先の展開を楽しみに待っています。

Amazonや楽天で購入して読むことができます。

その他、「ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた」が読める電子書籍ストアはこちらです。

まんが王国  コミックシーモア  BOOK☆WALKER  ebookjapan  BookLive!  honto  ブックパス

タイトルとURLをコピーしました