小説のあらすじ・感想

小説のあらすじ・感想

「マスカレードホテル」一流ホテルを舞台。刑事とホテル従業員のプロ意識がぶつかり合う。

「マスカレードホテル」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「マスカレードホテル」を読んだきっかけ 以前から東野圭吾の作品が好きでた。映画化されたことで知り、原作者が東野圭吾ということで本屋...
ファンタジー

「アルスラーン戦記」諦めない心を奮い立たせてくれる作品

「アルスラーン戦記」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「アルスラーン戦記」を読んだきっかけ かなり昔ですが、アニメ映画になったことがあり、とても興味がわきました。絵もとても美しくて、壮大...
小説のあらすじ・感想

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」1960年代、白人家庭で働く黒人のメイドは、どんな暮らしぶりなのか【あらすじ・感想】

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「ヘルプ 心がつなぐストーリー」を読んだきっかけ この小説は映画化されているのですが、映画を観終えた後に小説版も気になり...
小説のあらすじ・感想

「やっぱりミステリなふたり」イラストレーターの男性と女性刑事の夫婦が、名古屋付近で起こる事件を解決する【あらすじ・感想】

「やっぱりミステリなふたり」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「やっぱりミステリなふたり」を読んだきっかけ 空いた時間に手軽に読める短編を探していたときに、面白いからと家族に勧められて知...
小説のあらすじ・感想

「火車」カードローンの借金返済の苦しみがテーマとなるミステリー。弁護士の解説で返済地獄を知ることもできる

「火車」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「火車」を読んだきっかけ 大沢在昌さんの小説をよく読んでいたのですが、同じオフィスに宮部みゆきさんがいることを知り、宮部さんの小説も読んでみよう...
小説のあらすじ・感想

「君の膵臓をたべたい」病気を患った人気者の少女と、根暗な少年の二人。友人でも恋人でもないけれど信頼できる関係

「君の膵臓をたべたい」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「君の膵臓をたべたい」を読んだきっかけ インパクトのあるタイトルに惹かれ、映画を観に行ったのがきっかけです。映画に感動して、映画館...
ホラー・サイコ・スリラー

「リング」心霊・呪縛・超能力。複合的な要素で読者を引き込むホラー小説【あらすじ・感想】

「リング」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「リング」を読んだきっかけ それまでホラーに対して全く興味もありませんでした。むしろ映像であれ、小説であれ、恐怖を感じるので読みたくないと感...
小説のあらすじ・感想

「星の王子さま」小さな星からやってきた王子と会い、大人になって忘れてしまったことに気がつく【簡単な あらすじ、感想】

「星の王子さま」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「星の王子さま」を読んだきっかけ 子供の頃に読んだ名作ですが、たまたまAmazonの売れ筋ランキングで2位になっていると知り、改めて読ん...
小説のあらすじ・感想

「少女ポリアンナ」11歳の孤独な少女が前向きな心で周囲を変えていく

「少女ポリアン」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「少女ポリアン」を読んだきっかけ ベストセラーになった「ザ・シークレット」で知られる著者ロンダ・バーンの別の著書「ザ・マジック」を読み、...
SF

「滅びの前のシャングリラ」一ヶ月後に小惑星が地球に衝突するニュースで平穏な日常が激変する。連作短編集

「滅びの前のシャングリラ」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「滅びの前のシャングリラ」を読んだきっかけ この本の著者が、2020年の本屋大賞受賞作の作者・凪良ゆうさんということで、発売前...
小説のあらすじ・感想

「屍人荘の殺人」ゾンビ系ミステリー。緻密なトリックと謎解き

「屍人荘の殺人」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「屍人荘の殺人」を読んだきっかけ 最初に見たのはテレビの書籍売り上げランキングでした。もともとミステリが好きだったのと、「屍人荘」という...
小説のあらすじ・感想

「蝉かえる サーチライトと誘蛾灯」主人公・魞沢泉が持つ虫に関する深い知識がヒントになり謎が解明されていくミステリー

「蝉かえる サーチライトと誘蛾灯」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「蝉かえる サーチライトと誘蛾灯」を読んだきっかけ この本は「サーチライトと誘蛾灯」という作品の主人公が引き続き登場...
小説のあらすじ・感想

「風の盆恋歌」再開した2人が心の隙間を埋める恋心【あらすじ・感想】

「風の盆恋歌」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「風の盆恋歌」を読んだきっかけ 実際に八尾を訪れ、風の盆を見学し、他にはない強い印象が心に刻まれました。胡弓の哀愁を帯びた響きと優雅な踊り...
小説のあらすじ・感想

「ちょっと今から仕事やめてくる」仕事がツライ人に読んでほしい小説(あらすじ・感想)

「ちょっと今から仕事やめてくる」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「ちょっと今から仕事やめてく」を読んだきっかけ 本屋で適当な小説を探すことが習慣である私は、まずタイトルに惹かれて手に取...
小説のあらすじ・感想

「スロウハイツの神様」アパートでの共同生活。読み終わったときに温かい気持ちになります

「スロウハイツの神様」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「スロウハイツの神様」を読んだきっかけ 辻村深月の『ぼくのメジャースプーン』という作品を初めて読んだときから辻村深月にハマり、初期...
家族

「まるまるの毬」江戸の菓子屋を舞台に、家族の在り方や人々の心の温かさを描いた作品

「まるまるの毬」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「まるまるの毬」を読んだきっかけ 海外在住のため、定期的に日本の小説をオンラインでチェックして購入しています。私は食べることが好きで食に...
小説のあらすじ・感想

「博士の愛した数式」家政婦と息子と、と記憶が80分間しかもたない初老の数学博士との日常

「博士の愛した数式」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「博士の愛した数式」を読んだきっかけ 随分と前からタイトルだけは知っていて、気になっていました。数学の苦手な私は「数式」という単語に...
小説のあらすじ・感想

「カラフル」天使業界の抽選に当たり、自分の罪を思い出すという試練を与えらえた

「カラフル」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「カラフル」を読んだきっかけ 高校生の頃、読書好きの友人に勧められたのがきっかけです。作者の森絵都さんの名前は知らなかったのですが、表紙がシ...
小説のあらすじ・感想

「ZOO」ファンタジー、ミステリー、ホラー、いろいろなジャンル、内容で楽しめる短編集

「ZOO」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「ZOO」を読んだきっかけ この本を読んだきっかけは、読書初心者の私が何か小説を読みたいなと思い、ネットなどでおすすめ紹介される本なので読んで...
小説のあらすじ・感想

村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」30才代半ばの肖像画家の物語

「騎士団長殺し」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「騎士団長殺し」を読んだきっかけ 1980年ごろの「羊をめぐる冒険」を読んで以来、私にとって大変な注目作家になった村上春樹氏。ハルキスト...
タイトルとURLをコピーしました