推理・ミステリー・サスペンス

小説のあらすじ・感想

「楽園とは探偵の不在なり」二人以上殺したら地獄行きとなる世界で発生する連続殺人【あらすじ・感想】

「楽園とは探偵の不在なり」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「楽園とは探偵の不在なり」を読んだきっかけ 発売以降、とにかく話題になっていたので気になりました。各ミステリ賞に入選しており、...
小説のあらすじ・感想

「バスカヴィル家の犬」あらすじ・感想

「スカヴィル家の犬」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「スカヴィル家の犬」を読んだきっかけ 小学生時代に一度読みました。その時とても面白かった記憶があったので、本屋で見つけた時に懐かしく...
小説のあらすじ・感想

「罪の声」グリコ・森永事件をモチーフにした推理小説【あらすじ・感想】

「罪の声」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「罪の声」を読んだきっかけ 元々推理小説を読むのが好きで、よく電車通勤の時に読んでいました。そんなある時、ふと電車の広告をみていたら、とあるミ...
小説のあらすじ・感想

「約束」小池真理子のイヤミス短編小説【あらすじ・感想】

「約束」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「約束」は、17篇の短編小説集「午後のロマネスク」で読むことができます。 「約束」を読んだきっかけ 「約束」を読んだきっかけは、作者の小池...
小説のあらすじ・感想

「最後のトリック」読者が犯人というミステリー界最後のトリック【あらすじ・感想】

「最後のトリック」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「最後のトリック」を読んだきっかけ ミステリー作品についてをテーマにした大学の講義の課題図書でした。 ぶっちゃけてしまうと、わたし自身...
小説のあらすじ・感想

「楽園のカンヴァス」アンリ・ルソーを巡る美術系ミステリー小説【あらすじ・感想】

「楽園のカンヴァス」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「楽園のカンヴァス」を読んだきっかけ 「へたも絵のうち」と語っていた絵本作家の言葉が頭にこびりつていたある日、書店に立ち寄ると、中学...
小説のあらすじ・感想

「死ねばいいのに」殺人事件の謎解きストーリー【あらすじ・感想】

「死ねばいいのに」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「死ねばいいのに」を読んだきっかけ 本屋で文庫本を物色していて見つけました。何よりタイトルのインパクトが強い。文庫本のカバーのデザイン...
小説のあらすじ・感想

「死神刑事」裁判で無罪になった事件を調べなおす刑事・儀藤の活躍を描く短編集【あらすじ・感想】

「死神刑事」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「死神刑事」を読んだきっかけ 図書館で著書を見つけ、面白そうだなと思ったことが切欠です。元々ミステリー小説が好きで、大倉さんの著書もいくつか...
小説のあらすじ・感想

「獄門島」金田一耕助シリーズ【あらすじ・感想】

「獄門島」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「獄門島」を読んだきっかけ 推理小説が好きで、中でも横溝正史氏の作品が大好きでした。氏の代表作とも言える金田一耕助シリーズは夢中になって読みふ...
小説のあらすじ・感想

「十角館の殺人」アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」を綾辻行人がオマージュした小説【あらすじ・感想】

「十角館の殺人」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「十角館の殺人」を読んだきっかけ アガサクリスティの作品を読んだことでミステリー小説にはまりました。その関連で、本作が「そして誰もいなく...
小説のあらすじ・感想

「やっぱりミステリなふたり」イラストレーターの男性と女性刑事の夫婦が、名古屋付近で起こる事件を解決する【あらすじ・感想】

「やっぱりミステリなふたり」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「やっぱりミステリなふたり」を読んだきっかけ 空いた時間に手軽に読める短編を探していたときに、面白いからと家族に勧められて知...
小説のあらすじ・感想

「火車」カードローンの借金返済の苦しみがテーマとなるミステリー。弁護士の解説で返済地獄を知ることもできる

「火車」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「火車」を読んだきっかけ 大沢在昌さんの小説をよく読んでいたのですが、同じオフィスに宮部みゆきさんがいることを知り、宮部さんの小説も読んでみよう...
小説のあらすじ・感想

「屍人荘の殺人」ゾンビ系ミステリー。緻密なトリックと謎解き

「屍人荘の殺人」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「屍人荘の殺人」を読んだきっかけ 最初に見たのはテレビの書籍売り上げランキングでした。もともとミステリが好きだったのと、「屍人荘」という...
小説のあらすじ・感想

「蝉かえる サーチライトと誘蛾灯」主人公・魞沢泉が持つ虫に関する深い知識がヒントになり謎が解明されていくミステリー

「蝉かえる サーチライトと誘蛾灯」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「蝉かえる サーチライトと誘蛾灯」を読んだきっかけ この本は「サーチライトと誘蛾灯」という作品の主人公が引き続き登場...
小説のあらすじ・感想

「この闇と光」固定観念が覆される美しいゴシックミステリー

「この闇と光」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「この闇と光」を読んだきっかけ ミステリー小説を読みたいと思い、本屋をウロウロしていた時にこの本に出会いました。結末に大どんでん返しのある...
小説のあらすじ・感想

東野圭吾「マスカレード・ホテル」ホテルを舞台にした長編ミステリー小説【あらすじ・感想】

「マスカレードホテル」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「マスカレード・ホテル」を読んだきっかけ 2019年、マスカレード・ホテルの映画が公開される頃に読みました。映画は木村拓哉さんと長...
小説のあらすじ・感想

「怪物」強い想いの中にこそ生まれる怪物【あらすじ・感想】

「怪物」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「怪物」を読んだきっかけ 本屋さんで、いつものように本漁りをしているときに見つけました。夕闇から明け方の空に移り変わるようなグラデーションで彩ら...
小説のあらすじ・感想

「特捜部Q 檻の中の女」デンマークの作家の推理小説【あらすじ・感想】

「特捜部Q-檻の中の女」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「特捜部Q 檻の中の女」を読んだきっかけ 高校生の時分、本屋でたまたま見かけて、よく中身をみることもなく購入しました。当時、国内...
小説のあらすじ・感想

アガサ・クリスティ「オリエント急行の殺人」あらすじ・感想

「オリエント急行の殺人」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「オリエント急行の殺人」を読んだきっかけ 名探偵コナンの漫画が好きで、その中でよく話題に上がるアガサ・クリスティとコナン・ドイル...
小説のあらすじ・感想

「白夜行」両親を殺害し周囲を振り回し続ける物語【あらすじ・感想】

「白夜行」がどのような作品なのか、読者によるあらすじと感想です。 出典: 「白夜行」を読んだきっかけ 東野圭吾さんの作品は単なるミステリーではなく分かりやすさと、それに加えて魅力的なキャラクターが多く登場します。この...
タイトルとURLをコピーしました